ドローンによる撮影、解析

Drone
株式会社PCER ホーム 事業内容 > ドローンによる撮影、解析

ドローン(小型UAV)による
各種調査承ります

用途に応じた 7 種の機材を保有しています。
自動運転、衝突防止も可能です。

はじめに

環境問題は個々の分野だけでは解決できないことがほとんどです。
株式会社PCERは、幅広い分野を網羅したフィールド調査・分析・解析のプロ集団です。
自然環境、生活環境、水質や土壌の分析、大規模な水理実験、河川構造設計、画像解析などさまざまな分野の専門家が集まっています。
ドローンによる調査の内容はさまざまであり、複雑です。
例えば、自然環境の調査においては、希少生物に与える騒音の影響などについても併せて検討しておくことが求められたりします。また、調査結果の分析においても、単なる撮影画像ではなく、その後の画像解析技術が重要になってきます。
株式会社PCERでは、こうしたさまざまな分野の技術者が有機的に連携し、ニーズにお応えします。

保有機材

ドローン画像

ドローン画像

初号機
TKF-Quad X-4
ドローン画像

ドローン画像

2 号機
INSPIRE2+Zenmuse X4S
ドローン画像

ドローン画像

3 号機
MavicPro

撮影・調査・画像解析等

撮影・調査

オルソ画像
オルソ画像
  • 広域の植生の状況を撮影した画像により解析し、植生図を作成
  • 地上からは確認が困難な場所での鳥類の営巣状況や場所の確認など
  • 開発計画等における改変率や緑化比率などの計画用データ取得

点検・確認

ドローン走行
  • 震災後の被 害状況の迅速な確認
  • 河川氾濫等による影響把握のための事前調査と直後の調査
  • 人が近づきにくい場所での動画もしくは連続撮影画像の取得
  • 事業計画地の全体及び周辺状況を含めた把握

ドローン(小型UAV)を使用した各種調査のご案内

画像解析

  • 撮影画像をつなぎ、オルソ化
  • 画像情報から、植生の違いを判別
  • 3D化によるモデリング、ポイントクラウドの作成
  • DEM の作成、地形解析
3D 画像と撮影位置

3D 画像と撮影位置

3D 画像と撮影位置
植生分類

植生分類

植生分類
DEM

DEM

DEM
等高線

等高線

等高線
TIN画像

各種機関との調整

航空法の制限表面
航空法の制限表面
  • 震災後の被 害状況の迅速な確認
  • 河川氾濫等による影響把握のための事前調査と直後の調査
  • 人が近づきにくい場所での動画もしくは連続撮影画像の取得
  • 事業計画地の全体及び周辺状況を含めた把握

報告書の作成

  • 撮影結果、画像解析結果、植生図等の成果を取りまとめ、考察及び今後の課題等について報告書として作成します。
ドローンの飛行については、国土交通省航空局の「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」及び「国土交通省航空局標準マニュアル」に定める手順等を遵守して実施します。(弊社では「無人航空機操縦技能資格」及び「無人航空機安全運航管理者資格」(JUIDA)が在籍しています。)